注文住宅の依頼先の一つ!?設計事務所の豆知識について初心者にも分かりやすくご紹介

こちらのサイトは、工務店やハウスメーカーなどと同じく注文住宅の依頼先の一つでもある設計事務所の豆知識を初めての人でも分かりやすくご紹介しています。
一般的に、家づくりというと工務店やハウスメーカーを使う人が多いけれども、設計を中心にしている事務所は、施主の考えや希望そして設計条件をブレンドしながら家の設計図を作成するのが特徴です。
また、工事中も常に図面と照合を行いながら現場での品質確認するなど豆知識を幅広くご紹介しているので参考にされることをおすすめします。

注文住宅の依頼先の一つ!?設計事務所の豆知識について初心者にも分かりやすくご紹介

注文住宅の依頼先と聞くと、ハウスメーカーや工務店を考える人は多いかと思われますが、設計事務所も家づくりに欠かすことができない存在です。
設計事務所の中には、設計だけでなく施工まで行っているところもありますが、一般的には家の設計を中心にデザイン性を重視した家づくりができるなどのメリットを持つ事務所で施工においては提携している工務店に発注が行われることも少なくありません。
なお、設計事務所を利用する場合は設計士との相性が良いことが大切です。

設計事務所は家を建てる土地を見てお客さんの夢を図面にするのが仕事

設計事務所とは、一体どのような仕事をしているのでしょうか。
素晴らしい言い方をすれば、お客さんの夢を図面にするのが仕事といえます。
ただ実際には、お客さんの言う通りの住宅が設計できる場面ばかりではなく、色々と制限が加わることが多いです。
逆に言えば、いろいろな制限があるからこそ、資格を取得している設計事務所のスタッフが重要になるわけです。
よくあるのは、建ぺい率といった問題が考えられます。
これは土地の面積に対してどの程度の宅地面積でなければいけないかといった制限ですが、これらは専門家でないとなかなか分かりません。
もしこれを無視した場合には、違法建築になってしまうため注意をしなければならないところです。
このような制限は、夢を叶えるといってもやはり法律に反してまで行うことができませんので、妥協案を提案することも重要になります。
その上で、提案力が重要になる事は言うまでもありませんので、提案力が優れている人ほど優秀な人と言うことになります。

設計事務所は土地を見るときには地盤の性質などもチェック

設計事務所は注文住宅を建てるうえで、地盤のチェックも行っています。
法令によって基準があるため、それを満たすようにしなければなりませんし、それだけでなく建物が安全に建つようにするためにはチェックして、問題があれば改良をすることとなります。
設計事務所は、改良する場合は性質を勘案してどの方法が良いのかを考えることになるでしょう。
ただし、場合によっては建物の構造を変更することで対処できる場合もあります。
そうすれば、建物で調整することで対応できる結果、地盤改良に伴う出費を節約することが可能です。
ハウスメーカーの場合はそう簡単には対応することができないことを考えると、設計事務所に依頼するメリットは大きいと言えます。
技術力に関しては、それぞれの設計事務所で異なるので、対応できる幅や工事にかかる費用などは変わります。
したがって、大枠のメリットを知りつつも、具体的などこの事務所を選ぶのかは比較しながら検討しなければなりません。

地盤の改良が必要なときには設計事務所から専門会社に依頼

土地を購入し様々な物件をその上に設置しようとした場合、用途によっては地盤の改良が必要になる場合も少なくありません。
特に工場や化学設備などが運営されていた場所の場合には、様々な有害物質がその土地に浸透している可能性もあるため、これを取り扱う場合には様々な対処が必要になることが多いものです。
このような場合には設計事務所から専門会社に依頼することで、非常にスムーズに作業を進めることができます。
設計事務所では必要な条件をあらかじめ提示することができるため、具体的な地盤改良の方法を専門会社に指示することができ、必要最小限の経費で作業を進めることができるためです。
一般的にこの作業は非常に経費がかかるものとなりがちであり、そのために多くの費用が必要となる場合も少なくありません。
設計事務所から専門会社に依頼をすることで、必要最小限の作業で効率よく行うことができるため、非常に有効な方法となっているのがポイントです。

設計事務所が図面を作成するときにはお客さんの考えを総合的に取り入れる

憧れのマイホームを手に入れたいという場合、まずは設計図を手に入れることになります。
建設会社とは異なった業種となるため、必ず別々に存在をしているのがポイントです。
ここでは簡単に、設計事務所の概要について解説をしていきましょう。
まず設計事務所では図面を製図するという業務をなされており、必ず依頼者の意向にあった考えを盛り込んでお仕事をなされています。
とくに住まいでは90パーセントの割合で要望を取り込むので、必ずヒアリングをすることが大切です。
図面は今ではCADを用いられるのが基本で、パソコンの画面を見ながら作られます。
その後、完成したらプリントアウトをして手渡されますが、希望をすればデジタルデータというスタイルで受け取ることも可能です。
設計事務所では常に手直しもなされており、定期的に進捗状況を確認して内容を確かめることも必要になります。
客としてはこまめに変更を伝えることで、理想的な建物を手に入れられます。

設計事務所の設計費や工事監理費は建設費用の4~8%が目安

注文住宅を建築しようと検討している人が多いです。
注文住宅とは施主の希望や要望をすべて詰め込み、理想に近い家を作り上げることができるため人気があるのです。
しかしながら建売住宅とは違い、住まいの建築におけるすべての工程にかかわれ、納得することのできる満足度の高い住まいだけにその費用も高くつくのが一般的です。
注文住宅においてはハウスメーカーか、工務店もしくは設計事務所に依頼すべきか迷うところです。
だがデザイン性にこだわり、設計師とダイレクトにコミュニケーションを図ってデザインの構想を練りたければ設計事務所に依頼するのが一番でしょう。
設計事務所とは一般的にデザインするだけの事務所ととらえられがちです。
ところが実際は工事監理や近隣トラブルの処理、施工業者とのコスト調整など行うことは多岐にわたります。
そして設計事務所の設計費や工事監理費は建設費用の4~8%が目安となっています。
こうしたことを良く把握したうえで建築依頼するようにしましょう。

設計事務所は家の設計が中心になるけれども施工業者との提携もある

設計事務所は施主が考える理想の住宅像を理解し、それを設計図として具体化することを主な業務としています。
しかし、事務所は利用者が注文住宅を造る際の窓口としての役割も果たさなければなりません。
そこで、工務店や住宅メーカーが設計図通りに施工しているかどうかを確認するための現場監督を行うこともあります。
さらに、高い技術を必要とするデザイン住宅や高性能住宅を施主が希望するケースに備えなければなりません。
そのため、信頼に値する高い技術力を持った施工業者と提携していることもしばしばあります。
施工業者と提携している設計事務所を選択すれば、施主が自ら工務店などを探す手間を省くことができますし、事務所側が信頼できる業者を選んでいるわけですから、設計図通りに注文住宅を建築できないというトラブルも発生しにくくなります。
また、このような設計事務所は企画力やデザイン力で高い評価を得ており、しかも技術力のある施工業者と一緒に仕事をするので精度の高い仕事が行われる可能性が高いと言えます。
家づくりにとことんこだわりたい方や、信頼できる設計士と施工業者に仕事をして欲しいという方にはお勧めのタイプの設計事務所です。

設計事務所は設計の自由度を活かしオリジナリティのある家づくりができる

家を建てるのなら、自分たちの好みをたくさん盛り込んで、オリジナリティあふれる理想の暮らしができる住まいに仕上げたいと思っている方も多いものです。
そのような多くの要望をできるだけ叶えることができるようにするのが、住宅の設計事務所の存在です。
一般的な大手ハウスメーカーでもある程度の自由度があり、提供されている住宅のプランの範囲の中であれば詳細な設備や仕様のオーダーはできるものですが、基本的には一定の規格があり底の部分から逸脱しないようなプランニングにおさめることを求められることが多いと言えます。
その観点からは、やはり設計事務所でのプランニングに一日の長があると考えてよいでしょう。
あらかじめ決まっている部分の多いハウスメーカーのプランと比較すると、設計事務所のプランニングの自由度は圧倒的に優れているいえますので、夢を形にして理想の家を作り上げたいという希望をお持ちの方にとっては、設計事務所がとても心強い存在としてサポートしてくれます。

設計事務所はデザイン性が高い家づくりができるメリットを持つ

ハウスメーカーは実用性や価格に見合う価値を重視して家づくりをしますが、設計事務所はデザイン性の高さに重きを置いた家づくりができるのが強みではないでしょうか。
これは依頼者にとってはメリットになりますし、洗練されている外観デザインや自分好みの内装で満たされている家が手に入る可能性を意味します。
設計事務所には経験やノウハウの違いがあるように、デザインの方向性についても得意不得意があります。
つまり現代的な格好良いデザインを得意とする設計事務所もあれば、一方では様式美や伝統を感じさせる方向性が得意なところも存在するわけです。
少なくとも、設計事務所なら1つは得意な方向性を持っているはずなので、総じて完成度の高い家づくりに期待できます。
見た目ばかりで実用性に乏しく、快適性が損なわれるようなつくりはNGですが、上手く見た目や雰囲気を変える形や質感、色を取り入れられるところは相談して頼りになったり楽しく話し合えるのではないでしょうか。

設計事務所は設計者と施主との距離感が近いので詳細な部分の打ち合わせもやりやすい

設計事務所は文字通り専門家の設計者が特化型で取り組むのが特徴ですが、何より施主との近い距離感がメリットになるのではないでしょうか。
設計事務所は設計者が施主に対応するので、ヒアリングしやすく希望が伝えやすい関係性となります。
また直接会って対面で打ち合わせができますから、細部も絵や写真などを用いて詳細に話し合えます。
距離感や相性にもよりますが、繰り返し何度も打ち合わせを重ねることで、次第に打ち解け合って友情のようなものが芽生えることもあります。
勿論、立場が異なるので極端に馴れ馴れしくはなりませんが、フランクな感じで何でも話せるようになることは珍しくないです。
いずれにしても、設計事務所は施主の言葉に耳を傾け、漏らさないようにする必要があるので、距離が近ければそれだけ希望が形に反映されやすいです。
大切なのは物理的な距離もそうですが、心理的にも近く程よい感じで、楽しく打ち合わせできる関係性にあるのではないでしょうか。